中山 俊宏 Toshihiro Nakayama, Ph.D.

慶應義塾大学 総合政策学部 教授

日本国際問題研究所 客員研究員


Update(2015.06.18)

・2011年9月からThe Japan News(旧デイリーヨミウリ)で、「Leaders on the Podium(旧「オバマのことば」)」というコラムを月一で連載しています(最新コラム)。

・アジア政経学会自由応募分科会1「ASEANと東アジアの多層的地域統合」において「オバマ政権のリバランス政策の検証」という演題で報告をしました(6月13日)。

・「大きな成果あった安部訪米ー国際秩序づくりで共同歩調示す」が「ニッポン・ドット・コム」に掲載されました[日本語English](5月21日)。

・”Strategic Patience in a Turbulent World: The Obama Doctrine and Its Approach to the World” がAsia-Pacific Review 22-1 (2015) に掲載されました。

・日本国際政治学会編『 国際政治』第180号(2015年3月)に書評論文「オバマの対中東政策ー期待から幻滅へ」が掲載されました。

・『中央公論』(2015年4月号)に「鼎談:池内恵×中山俊宏×細谷雄一 『イスラム国』拡散するテロ」が掲載されました。

・『中央公論』(2015年1月号)に「2015年を読む(アメリカ)」が掲載されました。

・東京財団HPにコラム「アメリカ中間選挙概括」がアップされました(12月11日)。

・日本経済新聞(11月12日朝刊)に「経済教室:米中間選挙 オバマ大敗(下)」が掲載されました。

・『文芸春秋』(2014年12月号)に「対談:山内昌之×中山俊宏 イスラム国を封鎖せよ」が掲載されました。


本HPは個人サイトです。

Copyright © 2015 toshihiro nakayama.

中山俊宏研究室